ファッズBLOG

人は楽しいところに集まる


2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

佐野店長 おめでとう

〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃

 御訪問有難うございます。

〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃





気合入れて、





「お疲れ様です。





17日~19日、出張行ってきました。





初日、葛西駅の魚メインの居酒屋で、食は人を幸せにする感覚を改めて感じ、またまた勉強させて頂きました。





2日目のうおや一丁での懇親会も出会いや感動がありました。
うおや 一丁





東京出張の際は、必ず行く東池袋の大勝軒が水曜定休になっていた事がショックだった・・・。
大勝軒






では、今日のテーマ「佐野店長、おめでとう」。




焼き師全国大会(千葉県市川市南行徳)にファッズの佐野君が東海地区の予選を勝ち抜き出場しました。
佐野マネージャー




大会では全国の精鋭の、レベルの高い商品を見ることが出来ました。





そんな中で感じたのは、焼き手の心。





料理には作り手の心が沁み込み、そのまま味に出る。





出てくる焼き鳥を見て、心を感じました。





そして、ファッズの佐野君は4位入賞!





毎日の拘りの成果だと思います。





おめでとう!





彼は今、備長扇屋 岡崎土井店の店長です。





是非、お店に寄って彼の焼く焼き鳥を食べて下さい。





必ず伝わるものがあると思います。





佐野店長、本当におめでとう!
スポンサーサイト

| 日記 | 08:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

よーし!やる三

〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃

 御訪問有難うございます。

〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃





気合入れて、





「お疲れ様です。




ファッズの成長と共に、日々成長しようと好奇心旺盛で気合入れて生きています。




今日は、素晴らしい本と巡り合ったので紹介します。




いや、巡り合ったというか、スタッフの真鍋が持ってきてくれた「よーし!やる三」という本です。




ちなみに、真鍋は備長扇屋 安城桜井店のスタッフでなかなか魅力的な奴です。




是非、店舗にご来店の際は、いじめてやってください。




では、今日のテーマ、そのまま「よーし!やる三」。




こんな本です。




よーし!やる三 1





よーし!やる三 2





よーし!やる三 3





よーし!やる三 4





よーし!やる三 5





よーし!やる三 6





よーし!やる三 7




主人公の「吉 やる三」が、始めはアルバイト先の店長の事が大嫌いで駄目な男だったが、様々なきっかけを糧に、副店長、店長、優秀店長と成長していく話。




感想一言。




「いい!」




是非、店長の皆様読んで下さい。





読書が苦手な方、1冊5分で読めます。





今日は、二十歳の真鍋から教えを頂いた最高の日でした。





では、おやすみ!

| 日記 | 07:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

清掃

〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃

 御訪問有難うございます。

〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃





気合入れて、





「お疲れ様です。





今、事務所で仕事をしていたら、FMからなかなか面白い話が流れてきた。





こんな時間に価値ある番組があるんだ。発見。





では、早速今日のテーマ「清掃」。





清掃は世界を変える。





分かる人だけ読んで下さい。





清掃で空気が変わる事に気付く人は成功するんじゃないかと本気で思う。





清掃は売上に直結しないし、綺麗になる事以外、目に見える効果は無いように思える。





しかし、この綺麗になる事が、目に見えない長期的絶大な効果を発揮する。





会社を大きくするにはこの「清掃」に力を入れていくべきだと強く思う。





理由はひとつ。





身のまわりを綺麗にしておくとプラスの空気が流れるから。





問題は汚い店舗や会社で必ず起きる。





良い事例が多々ある。





会社立て直し人の小池社長は、赤字会社は社員の清掃への取り組み意識を高めるだけで業績好転するケースが多いと言っています。




犯罪件数世界一のイメージ強いニューヨークですが、ジュリアーニ前市長は清掃で犯罪を減らせると直感的に感じ、地下鉄構内から始め、市街地へと清掃を進め、実際に犯罪件数を減らしました。特に犯罪件数の多いポイント、地下鉄構内から始めていきました。今では東京よりも犯罪の少ない街になっています。




昨年の全国高校サッカー選手権大会で下馬評低かった流経大柏(千葉)が優勝した勝機について監督や選手は「毎日朝6時の清掃のおかげ」と言っていました。





まだ他にも清掃によって世界を変えた事例は沢山あります。





清掃は、必ず世界を変えます。





なぜ、今日、テーマを「清掃」にし、自分の想いを書いたかというと、





スタッフが自分にこう話したからです。





「会社を大きくする為に一番大切なことは清掃ですよね。直接業績には結び付かないけど長い目で見たら、清掃に力を入れることが一番会社の繁栄につながるんじゃないですか・・・。」と。




20代前半で、その事が分かっている。





ちょい感動したので書きました。





今日からさらに自分自身が清掃に力を入れ、突っ走ります。





ファッズの行動指針 「挨拶 感謝 清掃」ですから、自分が一番力を入れていきます。





感動した会話でした!

| 考え方 | 07:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分が変わる

〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃

 御訪問有難うございます。

〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃





気合入れて、





「お疲れ様です。





今日は、庄田マネージャーがTシャツをくれました。





「これ社長にいいかなと思って。」





背中に筆文字で、




「オレ 最強」。




早速、明日から着よ。




デジカメを事務所に忘れてきたのでまた撮って載せます。




庄田マネージャーありがとう。






では、今日のテーマ「自分が変わる」。




いつも考える事のひとつは、社員の成長。




とはいっても基準は人それぞれ違うが、




共通課題は「どうしたら・・・」。




この「どうしたら・・・」が意外と難しい。




当然答えもひとつではなく、効果も数式のようには出てこない。




結局たどり着くのは、「自分が変わる」こと。




でも、これが本当の答えなのかも知れない。




夢に向けて、自分が今以上に本気になること。




それが、ファッズの更なる飛躍に繋がる。




ぬるま湯から出て、南極大陸裸で突っ走るくらいの気合でいきます!





| 人間力 | 07:06 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪が降っても自分の責任

〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃

 御訪問有難うございます。

〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃





気合入れて、





「お疲れ様です。





ブログ更新、時間空きましたが気合充分。





10月は営業部隊の社員が増え、事務員さんが増え、三河安城事務所が出来、会社も社員も自分も絶好調な日々を送っております。





9月25日に安城桜井店がオープンしてから、時々店舗にもお邪魔しています。





原点であるお客様との接点はいつまでも大切にしていきます。







では、本日のテーマ「雪が降っても自分の責任」。





自分は、「身の回りで起こる良い事は仲間のおかげ、身の回りで起こる悪い事は自分の責任」、と考えています。





ビジネスバンク(東京港区)の浜口社長は、





「長野で起業した始めの3年は雪が降ると売上が下がり思うようにいかなかった。しかし、その雪が降ることまで自分の責任と考えるようになった3年目以降、遥かにビジネスが軌道に乗り出した。」と言っている。




うまくいかない事を、人や環境、天気、時間など自分以外に原因があると責任転嫁しているうちは何をしてもうまくいかない。




原因が何であれ、全て自分の責任、と考える人は成功する。





浜口社長は、成功者の共通点を上記のようにあげていました。





では、なぜそのような人が成功するのか。





それは、





そういう人に仕事が集まるからです。





例えば、明日の12時までに仕上げなければ会社の存続に関わる重大な仕事があるとします。それを誰かに任せた。




しかし、電車が遅れて間に合わなかった。





普段から責任転嫁する傾向のある人なら、「電車が遅れたから出来なかった」と、責任は自分ではなく電車が遅れた事にあると言うでしょう。




確かに事実はそうですが、しかし、とはいっても会社は潰れます。




そういった人に、仕事は任せられません。




つまり、責任転嫁する人には仕事が集まらなくなります。




仕事が集まらないと人も離れていく。




逆に、全て自分の責任と考えられる人は、あらゆる事態を想定し、確実に物事をこなしていきます。




「身の回りで起こる事は全て自分の責任。」




これは非常に大切な考えです。




浜口社長のお話から改めて実感しました。




雪が降っても自分の責任。




本気を学びました!

| 考え方 | 07:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。