ファッズBLOG

人は楽しいところに集まる


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

店長像

〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃

 御訪問有難うございます。

〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃


今日も1日感謝と、

気合を入れて、

おはようございます。


商品撮影会の片隅で仕事させてもらってます。

撮影会は順調のようで安心しました。



では、テーマ「店長像」。

店長の仕事は、人物金の管理をしつつ、業績を上げ続けることです。

今回はこの業績を上げ続ける、つまり売上を伸ばし続けるという部分について。

営業中の店長の振舞いが話の主軸になるのだが、

店長には大きく分けて2つのタイプがある。

1つは、自ら動いて背中で見せるタイプ。スタッフの教育は弱い。

もう1つは、スタッフを徹底的に教育し、自分は司令塔に徹するタイプ。

前者は、マンパワーが売りとなる反面、後継者が育ちにくい。

後者は、安定した店舗運営が出来、後継者が育ちやすい。

独立前含め多くの部下を抱えてきたが、

まず上記のどちらかの店長が多い。

では、本題の業績を上げ続けるという面からみて、どちらが良いのかというと、

理想は、両者兼ねた店長。

教育も出来、自ら背中で見せることも出来る、まあ、こんな店長がいたら既にマネージャー以上になっているだろう。

業績を上げ続けるという事を、どれだけ広い視野で見ているか、そこにずれが生じる。

1店舗の業績管理ならどちらでも構わない。

しかし、会社全体の業績を考えた時に、

圧倒的に後者、教育の出来る店長が必要になる。

人が育たなければ店も出せない、店が出なければ会社の業績も上げ続けられない。

そこまで広い視野で見ることができると、自分が目指す店長像が見えてくるはず。

人物金の管理をしつつ、業績を上げ続ける、

この意味がしっかり理解できる店長につきます。

| ビジネス | 14:31 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

丸田の浅野です

佐野社長

とても勉強になりました。

自分は飲食やってるんですが両親とやっていまして

店長などそのような経験ない自分にはとても勉強になります

しかし、経験しないとダメなことですけど

いつもありがとうございます

| 浅野健太 | 2010/08/10 12:26 | URL | ≫ EDIT

浅野様

コメントありがとうございます。

佐野

| | 2010/08/10 18:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。